TOP同時3軸面取機TOP≫機械動作の流れ

ここでは、面取り機の使用方法と動作の仕方を紹介します。

①上下面(赤色部)の面取り量を手動ハンドルで合わせる

②角部(青色部)の面取り量を操作盤のダイヤルで合わせる

③足下のフローエアーペダルを踏んで、ワークを浮上させて、テーブル前の当たり面を前部と右側面に押し当て、ペダルから足を離すと、加工準備は完了です。

④スタートボタンを押すとワークが電磁チャックで固定され、上下面加工コラムが自動で製品(ワーク)の手前まで早送りで接近し、センサーを感知させて、ワークの大きさを認識します。

⑤ワーク付近に移動が完了すると、上面加工ヘッドがワークに接近し、センサーにより、板厚を感知します。

⑥設定された切り込み量までヘッドが下降します。

⑦ワークの上下面を同時に面取り加工していきます。

⑧上下面の加工が終了すると、上下面加工コラムが待機位置まで退避し、角部加工ヘッドがワーク付近まで早送りで接近します。

⑨ワークへの接近が完了すると、そのまま設定値の面取り加工をします。

⑩加工が完了すると、全てのコラムが退避し、ガイドプレートがせり出すので、ワークを90度回転させて、ガイドプレートに押し当てます。

①~④の作業を4回繰り返すと、1枚の6F材のC面加工が完成します。

各エッジ部の面取り量の調整を済ませれば、あとはスタートボタンを押すだけで綺麗なC面加工が可能です。段取りもテーブルにマグネットを装備していますので、固定用の治具は必要ありません。

お問合せはこちら

  • 面取り機や、面取り加工などのお問合せはこちらからどうぞ。(上記バナーをクリック)
  • カッターラインナップはこちら
  • 倣い式面取り機タッチカッターの消耗品やオプションなどを調べたい肩はこちらをどうぞ(上記バナーをクリック)
  • NC加工サイトはこちら
  • 弊社の事業や設備機械などの内容はこちらをどうぞ(上記バナーをクリック)
  • 動画デモはこちら
  • 面取り機の紹介デモ動画のyoutubeのリンク先です。(上記バナーをクリック)
  • 加工・製作事例ブログはこちら
  • 弊社の機械製作事例や機械加工のブログはこちらをどうぞ(上記バナーをクリック)

お知らせ

弊社の製品は全て日本国内のみでの対応となっております。
海外のお取引及び海外はの持ち出しての使用につきましては保証いたしておりません。
ご了承下さい。