TOP同時3軸面取機TOP≫同時3軸面取り機の特徴

三つの主軸で加工が素早い

加工用の主軸を3つ設ける事により、一度に上面と下面、コーナー部の面取りが全自動で可能。これにより加工時間の短縮に繋がります(黄色丸部分)

また、両面を同時に加工するので、ワークを裏返す必要が無く作業者の身体的負担や傷害のリスクも大幅に減らします。

タフトライド処理とエアフロート機構を備えた作業テーブル

テーブル面は磨耗に強いタフトライド仕上げ、また表面に無数のエアホール加工を施す事により、数百kgの重いワークでも片手で軽く押すだけで加工開始位置へ素早くセット可能。段取り替えもスピーディーに実行出来ます。また、ワークが宙に浮いている為、ワークに擦り傷が付く心配がありません。テーブル面にはマグネットチャックを採用。固定治具を使わずにワークを固定し、段取り時間を大幅短縮します。

面取り量はハンドル操作でらくらく設定

使い易さを考慮したハンドルを採用。複雑なメニュー呼び出しを必要とせず、コンピューターが苦手な人でも簡単に面取り量を調整出来ます。(黄色丸部分)

ワーク感知センサーが自動で割り出し

スピンドル付近にレーザーセンサーを採用する事で、機械側が加工時にワークのサイズと位置を自動認識。

ワークサイズを機械に入力する必要が無い為、リードタイムの短縮を実現しました。

弊社独自の加工ヘッドで加工面が滑らかに

加工用のカッターは弊社独自設計で、刃の接触方向を工夫する事により、2次カエリを抑制し、面取り部もフライス加工のような滑らかな面になります。

加工用のチップは汎用のフライスチップを採用。チップの調達の利便性を追求しました。

アルミ専用機もあります

コーナー部は面取り出来ませんが、マグネットチャックが効かないアルミ素材向けの同時2軸面取り機も製作可能です。上記で紹介した特長を備え、マグネットの代わりに自動クランプ式でワークを固定し両面同時加工します。

また、加工部をカバーで完全に覆われているので切屑の飛散もありません。

お問合せはこちら

  • 面取り機や、面取り加工などのお問合せはこちらからどうぞ。(上記バナーをクリック)
  • カッターラインナップはこちら
  • 倣い式面取り機タッチカッターの消耗品やオプションなどを調べたい肩はこちらをどうぞ(上記バナーをクリック)
  • NC加工サイトはこちら
  • 弊社の事業や設備機械などの内容はこちらをどうぞ(上記バナーをクリック)
  • 動画デモはこちら
  • 面取り機の紹介デモ動画のyoutubeのリンク先です。(上記バナーをクリック)
  • 加工・製作事例ブログはこちら
  • 弊社の機械製作事例や機械加工のブログはこちらをどうぞ(上記バナーをクリック)

お知らせ

弊社の製品は全て日本国内のみでの対応となっております。
海外のお取引及び海外はの持ち出しての使用につきましては保証いたしておりません。
ご了承下さい。